urxvt が unicode 記号を見つけるのに失敗

軽量ターミナル urxvt (rxvt-unicode) でチェックマーク(✓)が出てくれなかった。

f:id:piglovesyou:20140614113358p:plain

失敗したときのフォント設定はこちら。

! ~/.Xdefaults
urxvt.font: xft:Ricty:Normal:size=14:antialias=true

✓ がでないと「ヨシッ」って気持ちになれないですよ。

rxvt FAQ によると、フォントは複数指定でき、見つかるまで順に探していくとのこと。

http://pod.tst.eu/http://cvs.schmorp.de/rxvt-unicode/doc/rxvt.7.pod#How_does_rxvt_unicode_choose_fonts

rxvt-unicode は最初にベースフォントから文字を探す。見つからなければ、次、次という感じ。持ってるフォントを予め宣言しておけば、探索も速いし rxvt-unicode と X-server のリソース消費も少なくて済む。

速そうで良い。他のターミナルがどうフォントを探すのかを知りたいところ。

チェックマークを求めて手持ちのフォントを試したのだが、この宣言で表示することができた。

! ~/.Xdefaults
urxvt.font: xft:Ricty:Normal:size=14:antialias=true, \
            xft:DejaVu Sans Mono:size=13

f:id:piglovesyou:20140614115103p:plain

ヨシッ。